サラリーマン時々主夫

使って良かった商品の紹介や仕事などの成功談、失敗談から得た学びについて発信します!

【仕事論】起業失敗を次に活かす

起業をしたことはありますか?

 

私は以前、先輩と起業へ向けて活動をしていました。

しかし、うまくいかずに失敗に終わりました。

 

そこで私の失敗談をこれから起業にチャレンジする方の助けになればと思い、今回の記事を書きました。

失敗した要因と起業する前にやっておけばよかったと感じたことをご紹介します。

 

ぜひ最後まで読んでみてください^^

 

 

目次

 

起業のメリット・デメリット


興味のある方は過去記事をぜひ読んでみてください^^

 

246west.hatenablog.com

  

失敗した要因


<覚悟が足りなかった>

ネットで検索してもすぐに出てくるぐらい当たり前のことですよね。笑

どんどん減っていく銀行残高にとても恐怖しました。

起業するのであれば収入が安定しないのは当たり前です。

そこに対するメンタリティは必須です。

加えて、こんな不安を凌駕するぐらいに夢中になれるものに取り組むべきでした。

<未経験の分野にチャレンジした>

こちらも検索すれば真っ先にしてはいけないことに出てきますよね。笑

なぜ未経験分野をオススメしないかというと置かれた状況の評価ができないこと、新しいことを習得するのに時間がかかるからです。

特に後者は一度、転職などでキャリアチェンジをした上で取り組むことと業界について体験をしておいた方が精神衛生上よかったです。

<情報の偏り>

仕事の受注先はすべて先輩が管理していました。

なので、先輩が是と言えば是。

Noと言えばNoと自分の判断をはさむことがありませんでした。

したがって、構造的にはサラリーマンと大差ない状況となりました。

むしろサラリーマン時代よりも裁量権がなくなりました。

そうすると自ずと起業するメリットが薄くなり、モチベーションが下がっていきました。

 

起業する前にやっておけばよかったと感じたこと


<コアとなる強みをつくる>

例えば、新規営業ならまかせろ!とか、アプリ開発できます!みたいに個人のスキルで戦えるものは必須です。

そして、そのスキルを活かせる分野を作り戦うべきでした。

私の場合、大企業などの組織の中で活かされる内向きスキルであったため、全く通用しませんでした。

 

<人脈を形成しておく>

会社の看板なく、お付き合いしていただける人脈は起業して間もない頃に役に立ちます。

当然、サラリーマンで働いている以上、相手にしたら看板は見えてしまっているのですが、準備しておくにこしたことはないです。

副業として小さくスタートする等、メンタルが平常時に取り組んでおいた方がいい結果を生みます。

 

<1人でできる仕組みにする>

潤沢な資金があったとしても個人のお金はすぐになくなります。

そして、不安になり、仕事にも悪影響を及ぼしていきます。

メンタルがマイナススタートになるため、余計な労力がかかります。

また、予期せぬことが起こったとしても一人の方が方針転換をしやすいです。

 

もし再び起業するなら整えること


<固定費が低いビジネスモデルにする>

固定費が低いメリットは売上が少なくても利益を圧迫しにくいことにあります。

固定費は当然ですが、売上がなくてもかかります。

起業当社は売上が少ないことが当たり前です。

利益を出すため、事業を継続させるために必須の要素になりますので、マストな項目です。

 

<生活費を下げておく>

安定した収入がなくなるので、精神的に追い込まれます。

1日でも長く事業に取り組むためには守りを固めるべきです。

サラリーマン時代に生活費を下げておけばその分、お金も貯まりますので、事業資金にまわすもよし、生活防衛資金に寝かしておくもよし、選択肢が増えます、

 

<社会貢献と持続性を付与する>

昨今、大企業ではSDGsを推進しています。

SDGsとはSustainable Development Goalsの略で、日本語にすると「持続可能な開発目標」です。

2015年の国連サミットで採択されたもので、2030年をゴールに設定し、持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標です。

この中には貧困の撲滅やジェンダーの問題など、環境問題だけでなく持続可能な社会を実現するために17の目標が設定されています。

持続可能な社会の実現はこれからの未来の最重要課題です。

なので、SDGsに類するビジネスを展開したいと考えています。

そのあたりを詳しく解説した動画がありますので、ぜひご参考に^^


【サステナブル × イノベーション①】次に勝つのは地球に優しい人(Sustainability × Innovation)

 


【サステナブル × イノベーション②】日本が再び世界で勝つには?(Sustainability × Innovation)

 

最後に


いかがでしたでしょうか。

起業の成功に関するコンテンツは独占インタビュー等、ご本人が語っている場合が多いですが、失敗談に関しては調べていても、自分の言葉で語っているものは少ないように感じました。

やはり失敗ですから、自分から多くを語りたくないですよね。笑

 

だからこそ、転ばぬ先の杖として、この情報を活用していただければ私の失敗も意味があったのかなぁ、と思うことができます^^笑

 

幸いなことに今の日本社会では起業に失敗しても再び立ち上がることも可能です。

なので、起業の失敗=人生の失敗にしてしまわないようにわかりきっている失敗する要素は無くし、成功への切符を手にしてください^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^ 

今回の記事があなたのお役に立てれば幸いです!^^

ではまたっ!